SEO | Aramakijake (あらまきじゃけ) キーワード検索ツールを使って、ブログ記事の需要分析をしよう!

SEO | あらまきじゃけ | 需要分析

みなさん、こんにちは!
今回は、Aramikijake のサービスを活用した、
ブログ記事の需要を分析する方法について解説します。


どんなブログを書きますか?

ブログを書いている人は、何について書くか、どのように決めるのでしょうか?

① 自分が書きたいこと、好きなこと、詳しいこと、について書く。
日記ブログ、趣味ブログ、特化ブログ

趣味ブログ、特化型ブログなどがあたるでしょう。
とにかく書きたいことが先に浮かんで書きたくてしょうがないというタイプ。
好きだし、詳しいから筆も乗るし、楽しいし、自分の言葉で書くので説得力も出ますね。

一方、自分の経験や考えに偏ってしまったり、
ひとりよがりで読者を置いてけぼりになると読んでて辛い記事になります。
また、書いた記事が誰からも必要とされないテーマだったらアクセスされません。

たとえ好きなことを書くにせよ、事前にしっかりと事実関係や仮説・反証・検証をして
客観的に見て納得性の高い記事にする必要があります。

② キーワード検索から、検索ニーズの高い記事を書く
トレンドブログ、雑記ブログ、レビュー

トレンドブログ、雑記ブログなどがあたるでしょう。
とにかく流行の波にのって、人々の関心が高い記事を量産する、という方法です。

いい記事がかければアクセスが見込めますが、
ニーズの高いキーワードはすでに百戦錬磨のブログ戦士が渾身の記事をアップしています。
よほどの知識と文章テクニックがなければコンテンツの質で負けるでしょう。
また百戦錬磨のブログ戦士はドメインパワーも強いので仮にいい記事がかけても、
検索順位で勝てる見込みは極めて低いです。
また、知識もないのにちょっとかじった程度の記事は、読んでいて痛々しく残念感が漂います。
ましてや、パクリ記事などもってのほかです。

ただし、記事を書くスピードをアップする練習にもなるし、
世の中の流行を誰よりも早く掴んで誰よりもいい記事を書く!
といった志と努力を惜しまない方なら成功するかもしれません。

私の場合

このブログは①の好きなことを書くブログです。
自分が詳しいこと、好きなことについて、じっくり記事を書いています。
ただ、アクセスも欲しいので、キーワード検索もしっかりと行うことにしました。

趣味・特化ブログで好きなことを書いているとしても、
その記事がどれくらい需要があるのか?どうすればもっとアクセスが伸びるのか?
戦略をたててサマリーすることは大切ではないでしょうか。

ここでは、私が愛用させていただいている、Aramakijakeサービスをご紹介します。

キーワード検索ツールAramakijake(あらまきじゃけ)

私は、このブログでまず、大好きなパズドラに関する下記の4つの記事を書きました。

このときは、ただ好きなことを書いただけでキーワード需要は考えていませんでした。
そして、パズドラゲーム内のキャラクター人気と記事の検索需要は比例するはずだ
と考えていました。

パズドラのキャラクターのリーダー・サブとしての人気としては
カエデ▶︎バルボア▶︎ミカエル▶︎▶︎▶︎エキドナ
といったところでしょうか。
ですから、当然カエデの記事の需要が一番高いはずだ、と考えたのです。

しかし、まったくアクセスが伸びませんでした。
そこで、しっかりとキーワード分析を行うことにしたのです。

キーワード検索ツールAramakijake(あらまきじゃけ)
Aramakijake

こちらのサイトが、私が愛用しているキーワード検索ツール、Aramakijakeです。

キーワード検索ツール Aramakijake

まずは、keyword 【パズドラ】で検索してみます。

【パズドラ】 = 10,054,480


月間検索数 1千万 です。かなりのBIGキーワードですね。さらに絞り込んでいきます。

【パズドラ】+【カエデ】= 6,480


【パズドラ】+【ミカエル】= 6,480


【パズドラ】+【バルボア】= 圏外


【パズドラ】+【エキドナ】= 26,640


驚いたことに、リーダーキャラとしても、サブキャラとしても
(ダンジョン攻略パーティーとしては)人気順位の低いエキドナが一番検索されていました。

人気の高いキャラクターは、レアガチャなどで手に入れた人しか検索しないけれども
手軽に手に入るキャラクターは、みんなが検索する、ということでしょうか。
思い込みとは全く違う結果となりました。

これで、力を注ぐべき記事が【エキドナ】であることがわかりました。
しかし、まだボリュームが大きすぎます。
まだ、ブログを初めて1週間、記事数も10に満たない状況で
検索ボリューム 26,640件のキーワードで1位表示を狙うのは非現実的
です。
そこで検索件数1万件以下まで、絞り込んでいきたいと思います。

それでは、狙いを【エキドナ】に絞り、追加のサブキーワードもピックアップしていきます。

ターゲット サブKeyword のピックアップ

Aramakijake(あらまきじゃけ) の優れたところは、関連語として、よく検索されているサブKeywordをサジェストしてくれるところです。
ここから、検索する人のニーズが大体読めてきますので、アタリをつけながらさらに絞り込み検索していきます。

サブ Keyword 【スキル上げ】= 1,144


サブ Keyword 【評価】= 624


サブ Keyword 【入手方法】= 624


サブ Keyword 【進化】= 177


Keyword【スキル上げ】【評価】【入手方法】【進化】この4つをSEOキーワードにして記事パワーを高めたら効果が高そうです。
これで、適切な検索ボリュームのKeyword選定ができました。

1位でなければ意味がない

ここで大切なことがあります。
それは
『1位でなければ意味がない』
ということです。
左の検索順位別の検索数を見てください。

1位:1万件
2位:3千件

その差、3倍以上です。

2位から10位はさほど差がありません。
2位以下に甘んじていては成功はなく
1位にならなければ全く意味がない、
ということです。

中途半端な記事を書き続けて10位以内をウロウロしても、アクセスは見込めません。
ほとんどの検索ユーザーは、検索順位1位の記事を最初にクリックし
そこで満足いく情報を得られれば、離脱します。
2位、3位、の記事まで見ようと思う人は少数です。

逆に言えば、1位にふさわしい記事とは、2位、3位、の記事を見る必要がないほど
正確な情報を必要十分にそなえた、素晴らしい記事でなくてはならない、ということです。

つまり、そういう記事を書けばいいのです。
そして、戦える規模(1万検索件数程度なら始めたてのブログでも戦えるかと思います)
にまで絞り込んだ、スモールKeyword(=複合Keyword)の世界で1位を目指します。


akijake(あらまきじゃけ) キーワード検索ツールを使った、ブログ記事の需要分析 まとめ

Aramakijake(あらまきじゃけ)を使ってKeywordを絞り込む方法についてまとめます!
Keyword毎の月間検索需要は以下となりました。

1st Keyword
2nd Keyword
3rd Keyword
月間検索件数
パズドラ
-----
-----
10,054,480
パズドラ
エキドナ
-----
26,640
パズドラ
エキドナ
スキル上げ
1,144
パズドラ
エキドナ
評価
624
パズドラ
エキドナ
入手方法
624
パズドラ
エキドナ
進化
177
以上の結果を踏まえて

① 【パズドラ】+【エキドナ】+【スキル上げ】
② 【パズドラ】+【エキドナ】+【評価】
③ 【パズドラ】+【エキドナ】+【入手方法】
④ 【パズドラ】+【エキドナ】+【進化】

4つのパターンのキーワードの組み合わせで検索した時に1位表示
されることを目標としたいと思います。

具体的な1位表示させる方法は、次回の記事で詳しく解説します。

それでは、読んでくださってありがとうございました。
またどうぞよろしくおねがいします。

< スポンサーリンク >

SEO | あらまきじゃけ | 需要分析

コメントをどうぞ。